【ショコラティエのつぶやき】カカオレートボンボンができるまで

ボンボンショコラ試食会を行いました!

こんにちは、カカオレート・ラボ ショコラティエの藤井です。

最近は冬場に向けてボンボンショコラの試作に奮闘する毎日を送っています。

はじめてのヴィーガン対応のボンボンショコラづくりに苦戦する中、6月と7月と二度の試食会を行い、お客様に目の前で試食をしてもらいながら感想を頂くという機会がありました。それが自分にとって凄く貴重な機会だったので、共有したいと思います。

はじめてのヴィーガン対応のボンボンショコラづくり

今回ボンボンショコラを作るということで、はじめにつまずいたのがヴィーガン対応にするために生クリームなどが使えないことでした。

ガナッシュを作る際に必ず使ってきた生クリームを使えないというのは、レシピの土台部分が無くなるということでかなり難航し、個人的にはヴィーガン対応もしている上で、他のショコラトリーにも味で負けないボンボンショコラを作りたいという気持ちもあり、材料選びに奔走していました。

その中で風味や脂肪分的にココナッツクリームでの代用が良く、フルーツ系のフレーバーやコーヒーフレーバーとも相性が良かったので、ココナッツクリームを使うことに決め、その他にも保湿性や砂糖の再結晶化防止のために使われている転化糖の使用を避け、身体に良いお砂糖を使うようにして、数種類のボンボンショコラが試作品として形になり、そして実際にお客様に食べてもらい、感想を頂こうと試食会が企画されました。

二度のボンボンショコラ試食会を経て

試作品が完成し、いよいよ試食会を迎えることになりましたが、第一回試食会の始まる前はとにかく不安でした。

味が気に入ってもらえるかよりも会自体を楽しんでもらえるかや自分を受け入れてもらえるかなどの不安が大きく、自分が口下手というのもあり、どうしようかと考えていましたが、実際に試食会が始まると来てくださった方々同士で盛り上げて雰囲気を作って下さり、自分もそれに引っ張られるように試食会を進めることができました。

第二回の試食会もお客様から雰囲気を作って下さり、最後にお客様同士が仲良くなって帰っていくのを見て、二回ともお客様の力で凄く良い会になったとしみじみ感じました。

ボンボンショコラの方は、一度目の試食会のテーマは「定番」で、商品名を見て味が想像できるものを準備し、二度目は「挑戦」をテーマにして、やったことのない組み合わせや定番のものに一つ要素を足すことに挑戦し、組み合わせを見て、味を想像して、どんな味なのか期待しながら食べてもらう。そんなボンボンショコラを準備しました。

どちらの会も来てくださった方々が楽しそうにボンボンショコラを食べるのを見て、自分自身も楽しみながらボンボンショコラの提供を行うことができました。特に提供するボンボンショコラの中で商品化されないものもあると伝えた際に残念そうにされる方ばかりで、ショコラティエ冥利に尽きるというか、美味しいものを提供できたんだなと実感しました。

ボンボンショコラの味や香りの感想についても、自分とは全く違う視点で様々なアイディアが出てきて、物凄く勉強になり、また、勉強するきっかけを頂くことができ、とても貴重な機会になりました。

そんな二回の試食会を経て、様々な挑戦と経験をさせていただきました。第三回試食会を希望する声も多く、自分もそんな機会があれば良いなと思っています。ひとまずは頂いたフィードバックを活かして、今後のボンボンショコラづくりにより一層励みます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す